スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職活動に有利だと思うスキル、採用担当者と学生の考えに違い(Business Media 誠)

 就職活動に有利だと思うスキルは何ですか? 現在就職活動中の大学生に聞いたところ「PCスキル」(38%)と回答した人が最も多く、次いで「英検・TOEIC」(35%)、「経済・国際情勢に関する知識」(19%)であることが、日興アセットマネジメントの調査で分かった。また企業側が学生に求めるスキルを聞いたところ、1位が「PCスキル」(62%)、次いで「経済・国際情勢に関する知識」(31%)、「英検・TOEIC」(30%)と続いた。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 学生がPCスキルをアピールすることに対し、企業側はどのように感じているのだろうか。35%の企業は「身に付ける努力をして当然」としており、学生が就職活動においてPCスキルをアピールしても、企業側は“当たり前”と感じることが少なくないようだ。

 また「経済・国際情報に関する知識」については、企業側の期待に対し学生側の意識はまだまだ低いため、「ほかの学生との差別化を図りたい学生は、いまのうちに身につけておくと今後アピールポイントとなるかもしれない」(日興アセットマネジメント)。企業側の「経済・国際情勢に関する知識」をアピールする学生に対する印象は「頼もしい」(25%)が1位。売上高1000億円以上の企業を見てみると、同項目の割合は48%と高かった。

 インターネットによる調査で、現在就職活動中の大学生206人と新卒採用の担当者206人が回答した。調査期間は5月20日から5月21日まで。

【関連記事】
「会社を辞めたい」と感じているのは、どの業種で働いている人?
人事採用担当者の73.5%、2011年の就職戦線は“氷河期層”
もう限界かもしれない……“ブラック企業リスト”の実態
子どもにはココで働いてほしいなあ……と親が思う会社
ここでは働きたくないなあ……と大学生が思う業界

アイドル時代からの体型維持 蓮舫議員の秘密はバナナ?(J-CASTニュース)
8月末までの地元合意困難=普天間工法の決定―北沢防衛相(時事通信)
<わいせつ行為>モデル志願女子高生に 容疑の教諭逮捕(毎日新聞)
<地域主権改革>戦略大綱、決定先送りへ(毎日新聞)
りそな銀2.5億円納付漏れ 印紙税、3年で60万枚分(産経新聞)
スポンサーサイト

芋焼酎出荷量、麦を抜く=香り高く女性ファンも増加(時事通信)

 2009年度の芋焼酎の出荷量が21万キロリットルとなり、麦焼酎の20万8000キロリットルを上回った。日本酒造組合中央会が集計したもので、芋が麦を抜いたのは、集計を始めた1990年度以降で初めて。癖の強い芋焼酎だが、製造技術が向上し飲みやすくなったことで女性ファンも増加した。香りの高さに加え、麦に比べて種類が多いことも人気だ。
 麦焼酎はさっぱりとした味わいが支持され、本格焼酎(乙類)市場を長らくけん引してきた。しかし、04年度をピークに近年は減少傾向。一方、芋焼酎は02年ごろの「焼酎ブーム」後、現在に至るまで消費は右肩上がりだ。
 麦焼酎でシェアトップの三和酒類(大分県宇佐市)によると、主力の「いいちこ」シリーズの09年(暦年)の出荷量は前年比5.0%減となった。一方、芋焼酎販売最大手の霧島酒造(宮崎県都城市)の08年度の出荷量は前年度比13.2%増と大幅に伸び、09年度もプラスを確保したもよう。 

【関連ニュース】
【Off Time】山梨・甲州市でワインツーリズム体験
【Off Time】香港の旅
〔写真特集〕手に汗握る 世紀のオークション
チリの特産品を売り込め=有名シェフも協力
サッポロ、ワイン工場を再編=岡山に大部分集約

<民主代表選>4日に組閣の方針確認 民主党(毎日新聞)
<子ども手当>申請窓口で妨害容疑 無職の男逮捕 滋賀(毎日新聞)
<南九州魅力発掘大賞>都内で表彰式 毎日・夕刊企画が受賞(毎日新聞)
山田氏、東京から出馬 日本創新党が結党大会(産経新聞)
従業員の自殺相次ぐ 中国「アイフォーン工場」で何が(J-CASTニュース)

「HIV検査普及週間」を実施(医療介護CBニュース)

 国民のHIVやエイズに対する関心を高め、HIV検査の普及を図るため、厚生労働省と財団法人「エイズ予防財団」は6月1日から7日にかけて、「HIV検査普及週間」を実施する。

 この間、厚労省とエイズ予防財団では、無料検査など全国的なキャンペーン活動を行う。都道府県などでは、平日夜間や土日に時間外検査を実施するほか、イベントなどと連動して検査を行う。

 厚労省によると、HIV検査件数、HIV感染者・エイズ患者の新規報告数は共に増加傾向にあったが、昨年はいずれも減少した。同省の担当者は、新型インフルエンザ発生初期に保健所がHIV検査に人員を割けなかったため検査を受ける人数が落ち込み、その後も検査を受ける意識が高まらなかったと指摘。昨年の検査件数を四半期ごとに見ると、1-3月は4万5829件(前年同期4万1473件)だったが、4-6月は3万7034件(同4万2166件)、7-9月は3万2898件(同4万3741件)、10-12月は3万4491件(同4万9776件)で、いずれも前年同期を大きく下回った。

 同省の担当者は、「HIV検査普及週間」を機会に国民の検査を受ける意識を高めたいとしている。


【関連記事】
HIV抗体検査・相談件数が減少
エイズ対策、働き盛り世代にも啓発を-東京都
世界エイズデーに合わせ特別展示―日看協
支え合いをサポート―特集・医療支援(4)「HIV陽性者支援」
HIV検査を受けよう!-都がクラブで啓発イベント

阿久根市長を刑事告発も=職員降格処分取り消し判定を無視―鹿児島(時事通信)
蓮舫氏ら“及び腰”申し入れ 口頭だけ「献金禁止を」 小沢氏辞任要求なく…(産経新聞)
前橋会社経営者殺害、新たに暴力団組長を逮捕(産経新聞)
<会社役員殺害>新たに組長逮捕、4人目 群馬県警(毎日新聞)
福島氏、訪沖「社民党党首として」強調(産経新聞)

嫁不足…狙われる東北の農家 純粋な男心を弄ばれた被害者の心の叫び(産経新聞)

 嫁不足-。東北の農家にとって深刻な問題を逆手にとるように、中年の独身男性を狙った悪質な結婚詐欺が横行している。宮城、山形両県で被害を名乗り出ただけでも約30件、被害総額約1億円。業者が仲介した韓国人や中国人の女は男性を結婚する気にさせると多額の金をせがみ、突然行方をくらませる。背後にブローカーの陰もちらつくが、捜査当局は詐欺容疑での立件には難色を示す。被害男性の怒りの声が切なく響く。「人生最後のチャンスだと思ったのに…。何とか金だけでも返してくれ」。(中村翔樹、吉原知也)

  [フォト]「おらがまちに嫁を!」 記者が見た地方の“婚活”最前線

 ■「最後のチャンス」…家族の反対押し切り、結納金に300万円 

 宮城県北部の田園地帯。代々続く農家の跡を継いだ中年の男性が韓国人の女と知り合ったのは、昨年のことだ。結婚仲介業者を名乗る男が自宅を訪れ、唐突に「この女性と交際してみませんか」と提案してきた。

 男の背後には、伏し目がちに立つ若い女。男は「1週間暮らしてみてください。きっと気に入りますよ」とたたみかける。男性は不審に思いながらも、「断ってはかわいそう」と受け入れてしまった。

 しばらくして、男性は結婚を前提とした交際を決意。業者には、預金を切り崩して用意した「結納金」約300万円を支払った。家族からは猛反対されたが、「これまで女性との交際に恵まれず、農家なので嫁の担い手も少ない。これが最後のチャンスだと思った」と押し切った。

 ようやく手に入れたかに思えた伴侶(はんりょ)。だが、その幸せは長くは続かない。業者に金を支払った直後から、女が急に金をせがむようになった。

 「親に会いに帰国したい」「母国で運転免許を取得したい」「実家に借金がある」…。

 1回につき40~50万円の要求が何度か続き、さすがに預金が底を尽いて渡せなくなった。

 すると、女の態度は急変した。これまで朝早く起きて草むしりを手伝うなど、熱心に働いていたことがうそのように、怠惰な生活を送るようになった。

 そして、出会いから半年後のある日、「友人の結婚式があるから帰国する」と言い残して出かけたまま、戻らなかった。買い与えたブランド品の指輪やネックレスも見当たらなかった。

 被害男性は怒りをぶつけた。「女に未練はない。残された家族のためにも、何とか金だけは返してくれ」

 宮城県の被害対策弁護団によると、宮城、山形両県の男性から4月末までに約30件の相談が寄せられ、被害額は1人につき300~320万円程度。相談者は40~60代で、最も多いのが農家だった。

 被害男性は、宮城県大崎市にある2つの結婚仲介業者を利用。男性が新聞広告などを見て連絡すると、業者が一方的に中国人や韓国人の女らを連れてきて、1週間程度、共同生活を送るように勧めるという。

 この期間は「ホームステイ」と呼ばれ、親密な関係になれば、結納金名目の成功報酬を業者に支払う。金額は女性の容姿や年齢によって変わるというが、「一般の結婚仲介業者より割高」(弁護団)のようだ。

 ■外国人の嫁に活路…高齢の両親を勧誘? 警戒心の低さも裏目に

 なぜ、東北、とりわけ農家でこうした被害が広がっているのか。背景には慢性的な嫁不足があり、親類縁者から結婚相手を紹介してもらう習慣が根付いているという事情がある。

 この問題に詳しい行政書士の佐々木薫行氏によれば、結婚仲介業者が農機具の訪問販売などを装って独身男性を探し回り、女性を紹介するという手法が昔からあるという。続けて説明する。

 「地元の自治体がかつて、嫁不足解消の手段として日本人だけに頼らず、外国人を積極的に呼び寄せた経緯もあり、彼女たちを受け入れる土壌ができていた。悪徳業者はそこに目をつけたのではないか」

 外国人女性の斡旋(あっせん)の先駆けとされる山形県戸沢村では平成元年からの2年間で、村の支援事業によって11人が韓国人女性と結婚した。村は「東北の農村は嫁不足という共通の課題を抱えており、外国人女性との結婚にそれほど違和感を覚えないだろう」という。

 田植え作業が真っ盛りを迎えた宮城県大崎市。ここでも一時期、農家の男性と外国人女性の「結婚ブーム」があった。数年前に夫と死別し、50代で独身の一人息子と暮らす母親(80)が、約2年前の出来事を振り返る。

 息子の留守中に結婚仲介業者が自宅を訪れ、何度か韓国人女性を紹介された。息子に相談すると、「母親の介護で金がかかる。収入もそれほど多くない。紹介料を払ってまで結婚相手を見つける余裕はない」と見向きもしなかった。

 「まずは高齢の親を説得しようということだったのかしら」と母親。息子は後日、「自分がもう少し若かったら、話に乗っていたかもしれない」と打ち明けたという。

 母親は昔ながらの木造平屋の自宅を背にし、こう話して苦笑いを浮かべた。

 「もしお嫁さんがいてくれたら、毎日がどれだけ楽しくなるだろうと考えることがある。息子と2人暮らしを続けていくには、この家は大きすぎるのよ」

 嫁不足に加え、被害の広がりに拍車をかけているのが、農家の男性の警戒心の低さだ。出会って間もない外国人の女にあっさりとクレジットカードを預けてしまい、逃げられたケースもあったという。

 ある行政書士は「農家の男性が結婚相手に望むのは、食事を作り、洗濯し、風呂を沸かすという、昨今では少なくなってきている女性像。だから一時的にでも、外国人女性が熱心に家事をこなせば、簡単に気を許してしまう」と話す。

 春の田起こし、代掻き、田植えに始まり、夏の草取り、秋の収穫を終えるまで家族ぐるみの作業が続く米作りにおいて、嫁はのどから手が出るほどほしい貴重な戦力。関係者からは「言葉は悪いが、農家の男性の『誰でもいいから』という願望につけこまれている」という皮肉も聞かれる。

 今回の詐欺被害で新たな手口として注目されているのが、結婚を前提に同居しながら、結婚しないうちに女が姿を消す点だ。「結婚生活を一定期間過ごしてからいなくなる旧来の手口とは異なり、手っ取り早く金を奪う悪質な方法だ」と、弁護団長の菊地修弁護士は非難する。

 ■被害の自覚が希薄?…ブローカーの陰も捜査当局は立件に難色

 弁護団によると、被害男性の大半が女との同居生活を1年未満で終えている。計画的とも言える女の手口から、結婚仲介業者に外国人の女を供給するブローカーの存在を指摘する関係者もいる。

 「安定的に女を男性に紹介するには、ブローカーの存在が不可欠。女は男性の元を離れた後、ブローカーに金を渡している可能性もある。女を繰り返し利用することを考えれば、結婚して戸籍に残るようなことは避けるはずだ」

 結婚仲介業者の言い分はどうなのか。今回、被害男性が利用していた2つの業者のうち、「ジャパンgoビトウィン協会」は産経新聞の取材に対し、疑惑を真っ向から否定する。

 「約10年前から結婚仲介事業を開始し、これまでに多くの男性に女性を紹介してきた。責任を持って紹介を続けてきた。詐欺まがいの仕事をしていて、10年も会社は存続できない」

 紹介する女性には日本人も含まれ、ブローカーの存在についても「広告などで募った女性。ありえないことだ」と語気を荒らげる。

 捜査当局は、業者の行為が詐欺容疑に当たるかどうかの判断を保留する。宮城県警の捜査関係者によれば、業者が当初から男性の金を巻き上げる目的で女を紹介していたかどうかを立証する必要があり、それが障壁になるというわけだ。

 この捜査関係者は「業者が『出会いをおぜん立てしただけ』と言い張ればそれまで。成功報酬のような金を受け取っていても、それは他の結婚仲介業者もやっていること」として、違法性はないとの見方を示す。

 弁護団も「まずは集団訴訟で解決の糸口をつかみたい」として当面は刑事告訴を見送る方針で、6月にも被害男性向けの説明会を開くという。

 それでは、被害を食い止めるにはどうすればいいのか。今回紹介された女が、何らかの滞在資格を持って日本に居住していたことが、さらに問題解決を難しくしているという。ある行政書士は訴える。

 「最初からだまそうと思って紹介されてくる女を、結婚相手に困る男性が見抜くのは難しい。こうした問題に特効薬はなく、捜査当局や行政が一体で、詐欺被害にできるだけ早く気づかせる態勢を整えていく必要がある」

 弁護団によると、相談は被害男性の両親や兄弟からが大半で、本人が直接連絡してくることはまれだという。ある親は「息子に詐欺にあっているんじゃないかと忠告しても聞き入れてくれない。どうすればいいのか」と泣きついてきた。

 この期に及んでも、あきれるほどの純朴さを見せる被害者に、関係者は言い放った。

 「恥ずかしくて言い出せないのならまだしも、詐欺にあったことさえ自覚していないのであれば、手の打ちようがない」

【関連記事】
農家深刻!ニセ“嫁”詐欺…悪質お見合い業者の実態
中国「嫁売り」ビジネス横行 ミャンマー北部で誘拐急増
「秋田美人」と結婚を… 県が支援センター開設、少子化に危機感
心をコメて刈ります…“米ドル”末永佳子は本格派!
中高校生のころから羽振りよさ見せ…婚活サギ女の素顔

<女児殺人未遂>「子どもを殺したかった」玉置容疑者が供述(毎日新聞)
<訃報>佐竹政俊さん85歳=元ブリヂストン専務(毎日新聞)
産廃業者が資産隠し8400万円、2人を逮捕 大阪地検(産経新聞)
小沢氏聴取15~17日に、特捜部に回答(読売新聞)
沖縄の日 怒りの3800人 本土復帰38年の集いで(毎日新聞)

目白シンラート 夕闇に浮かぶ特設舞台で芸術を堪能(毎日新聞)

 新緑の森にかがり火が揺れる野外の特設舞台で、自然との共生をテーマに舞踊や能、クラシック音楽を繰り広げる「目白シンラート2010~椿山篝火(かがり)舞台」(藤田観光主催、毎日新聞社共催、クラブ・コンシェルジュ協賛)が6日、東京都文京区関口の椿山荘であり、夕闇に浮かぶ舞台を観客らは静かに見入った。

 3夜にわたる舞台は5日に始まり、舞踊の市川春猿さんによる「鐘ケ岬」に続いて6日は、桜間右陣さんの能「杜若(かきつばた)」と野村萬斎さんの狂言「棒縛(ぼうしばり)」が演じられた。

 7日は川井郁子さんによる「新緑のバイオリンコンサート」がある。【望月一夫】

【関連ニュース】
ベルリンフィル:指揮者の佐渡裕さん客演へ
日本記者クラブ賞:本紙・梅津記者に 音楽担当の受賞は初
小澤征爾さん:8月の長野・松本公演も降板
訃報:横山勝也さん75歳=尺八奏者、東京音楽大名誉教授
バイオリン:土岐祐奈さんが優勝 ノボシビルスク国際コン

大阪府立高教頭に大麻譲渡、容疑の無職女を逮捕(産経新聞)
ニセ女医の要望スンナリ、病院200万円支出(読売新聞)
粉もん新定番? うどんギョーザ 高槻で人気(産経新聞)
交付ミス1票多いまま、くじ引き当選…異議あり!(読売新聞)
「県内なら戦えぬ」与党系新人、出馬断念…沖縄(読売新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。